多汗症対策のまとめ

汗かきの私は毎日が汗とのたたかいです

夏も終わりやっと涼しい秋になって来ました。私は夏場は苦手です。暑さ負けするのではないですが、人一倍の汗かきだからです。子供の頃から汗かきな子と言われてきました。大人になったらある程度は治まるだろうと思っていましたが同じです。大人になったからと言って汗腺の数が減るわけがないですから出る量は一緒だと思います。

汗をかくのは健康的でいいのよと友達は慰めてくれますが、汗かきの私にとってはそう言われることだけでも苦痛でした。高校時代はブラジャーだけでシャツを着ていましたから、汗でシャツが濡れると肌に張り付くようになり下着の線や体のラインを人に見られるのが嫌でなりませんでした。

大学になってからは自由に衣服を着るようになりましたのでその心配はなくなりましたが、発汗量は同じですので、夏場は滴が垂れるように汗が出る日もありました・・・。

大学生の時に汗で困った話

当然、大学生ですからデートに誘われることもありました。これがまた問題。冷房の効いたカフェで話し込んでいる時なら汗は収まっていますが、屋外で話し込んでいると額からポトンと汗粒が落ちることがありました。

彼は見て見ぬふりをしていましたが、なんて汗のかく女だろうと私を見ていたに違いありません。汗が原因で失恋したとは思いませんが、彼とは次第に疎遠になって行きました。

就職後の汗で困った話

就職したのは女性の多い職場でした。みんないい匂いを身体に付けて仕事をしています。私だけ汗臭いのではないかしらと毎日神経質になりました。お風呂はシャワーで済まさず入浴してしっかり汗腺を広げるようにしました。また制汗スプレーを使って臭いが出ないように気を使っています。制汗スプレーは汗をかいてからでは効果が半減するそうですから、出勤前に制汗スプレーを使います。

また汗が臭うのではなく汗を栄養分とする雑菌が繁殖することで臭いが出ることが分かりましたので、汗が出たらすぐタオルで拭って肌がじめじめしないように気配りしています。

夏場程ではないのですが、秋でも冬でも汗をかくことがあります。急ぎの仕事で夢中になっていると汗をかいていること自体を忘れていることがあります。こまめに汗をぬぐって臭いが発生しないようにしています。